出題範囲:国土利用計画法

第1問 / 8問

未ログインで利用すると、偏差値や正答率が記録されません。

土地売買等の契約による権利取得者が事後届出を行う場合において、当該土地に関する権利の移転の対価が金銭以外のものであるときは、当該権利取得者は、当該対価を時価を基準として金銭に見積った額に換算して、届出書に記載しなければならない

一般正答率:89%
×