出題範囲:抵当権

第1問 / 8問

未ログインで利用すると、偏差値や正答率が記録されません。

AがBとの間で、CのBに対する債務を担保するためにA所有の甲土地に抵当権を設定する場合と根抵当権を設定する場合において、抵当権を設定する場合には、被担保債権を特定しなければならないが、根抵当権を設定する場合には、BC間のあらゆる範囲の不特定の債権を極度額の限度で被担保債権とすることができる。

一般正答率:64%
×