ログインすると、メモ機能や偏差値や正答率が記録されます。
    1 / 1章

登録免許税

登録免許税とは、登記・登録・免許・許可等を受けることに対して課税される税金のことです。登録免許税の課税主体は国(国税)です。

納税義務者は登記を受ける者で、2人以上いる場合は、連帯納付義務を負います。

例えば、売買による所有権移転登記については、登記義務者である売主と登記権利者である買主の双方が申請となり、連帯納付義務を負います。

課税標準価格は不動産の価格ですが時価にしてしまうと幅があり、また手続きが煩雑になることから、期間を限定して固定資産課税台帳に登録された不動産の価格(固定資産税評価額)が課税標準となり、1,000円未満については1,000となることになっています。

納付方法は原則として現金納付ですが、登録免許税の額が3万円以下の場合には登録免許税の額に相当する印紙を登記申請書に貼り付けて納付する印紙納付の方法を選択することも可能です。

また住宅に関する登記の税率の特例がありますが、これらの軽減税率は納税義務者の所得額とは無関係に適用され、過去に受けた場合でも適用可能となります。