ログインすると、メモ機能や偏差値や正答率が記録されます。
    1 / 1章

贈与税

贈与税とは、相続税を逃れるために行われることが多い生前贈与を補完するために課される税のことで、相続税法に規定されています。

贈与税とは個人から個人へと金銭や土地等の財産の贈与がなされた場合に、贈与を受けた側の個人に対して課されます。

贈与税の計算は暦年課税制度とされる、1月1日から12月31日の1年間に個人から贈与された財産(贈与財産)の価額を合計し、その合計額から基礎控除と呼ばれる110万円を引いて課税価格を算出します。

不動産においても夫婦間の贈与がなされる場合があります。

夫婦間で一定の要件を満たす贈与がなされた場合には基礎控除110万円の他に2000万円の控除が認められます。

さらに20歳以上の者が父母や祖父母から住宅取得等資金の贈与を受けた場合、一定額が非課税となる制度があります。

そして贈与税と相続税を一体化して贈与時の税金を下げることで贈与を促し、相続時に相続税で精算するという相続時精算課税制度も不動産の取得の資金のために活用されることがあります。

暦年課税制度と相続時精算課税制度のどちらを利用するかは受贈者が選択することになりますが、一度選択した場合には撤回はできません。この選択は父または母ごとに行います。