ログインすると、メモ機能や偏差値や正答率が記録されます。
    1 / 2章

保証債務

①保証債務とは

保証債務とは債務者が債務を履行しないときに、債務者に代わって債務を保証人が履行する義務を負うことをいいます。

これは債権者の金銭債権の回収を確実にするための担保制度の一つで、人的な担保制度、すなわち債権者を安心させるための手段です。人的な担保制度は人の資力に大きく影響されます。

②契約の成立と条件

債権者と保証人との間の書面による保証契約により成立し、主債務者からの依頼は必要ありません。

例えば主債務者から迷惑はかけないと言われて保証人になったにもかかわらず主債務者が倒産・自己破産等資力がなくなった場合には、主債務者から迷惑はかけないと言われているという事由は債権者に対抗することはできません。

保証人は債権者が指名する場合は誰でもなれますが、主債務者が保証人を立てる義務を負う場合は

  1. 行為能力があること(制限行為能力者以外)
  2. 弁済資力

があることが必要となります。

③性質と対抗

保証債務の特性として

  1. 付従性
  2. 随伴性
  3. 補充性

があります。

保証人は主債務者が債権者に対して持っている債権を相殺により対抗できますが、主債務者は保証人が債権者に対して持っている債権により相殺することはできません。

また、連帯保証ではなく、複数人の保証人で1つの主債務を保証する場合には、全保証人の頭数で主債務額を割った額のみ保証すれば済みます(分別の利益)。

連帯債務

①連帯債務とは

連帯債務とは、数人の債務者が各自独立して同一の内容の給付について全部の履行をすべき義務を負担し、そのうちの1人が債務の履行をすれば全ての債務者が債務を免れる担保制度をいいます。

例えば債権者に対して1,000万円の債務を負い、連帯債務者が5人の場合、債権者は1人に対して1,000万円の支払いを請求できますが、200万円の支払いの請求もできます。

②債務の請求

連帯債務者の人数全てに同時にも順番でも請求でき、全額でも一部でも請求できるという柔軟性の高い人的担保制度といえます。連帯債務は各連帯債務者に生じた事由は原則として他に影響しません(相対効)。

しかしながら

  1. 弁済
  2. 相殺
  3. 請求(時効の中断効果)
  4. 混同(債務者と債権者が相続等なんらかの事情で同一人物となる)
  5. 免除
  6. 時効の完成(対象の連帯保証人の部分のみ)

については絶対効を生じ、連帯債務が消滅します。

③弁済と求償

連帯債務者の一人が債務を履行(弁済)したときには、その他の連帯債務者に対して各自の負担部分についてのみ金銭支払請求権(求償権)を取得します。