宅地建物取引業法第17条

都道府県知事は、不正の手段によつて試験を受け、又は受けようとした者に対しては、合格の決定を取り消し、又はその試験を受けることを禁止することができる。

  1. 指定試験機関は、前項に規定する委任都道府県知事の職権を行うことができる。
  2. 都道府県知事は、前二項の規定による処分を受けた者に対し、情状により、三年以内の期間を定めて試験を受けることができないものとすることができる。

宅建試験で出題された問題

2009年 問題29

次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。

1. 都道府県知事は、不正の手段によって宅地建物取引主任者資格試験を受けようとした者に対しては、その試験を受けることを禁止することができ、また、その禁止処分を受けた者に対し2年を上限とする期間を定めて受験を禁止することができる。

正解 2