宅地建物取引業法第69条

国土交通大臣又は都道府県知事は、第六十五条又は第六十八条の規定による処分をしようとするときは、行政手続法第十三条第一項 の規定による意見陳述のための手続の区分にかかわらず、聴聞を行わなければならない。

  1. 第十六条の十五第三項から第五項までの規定は、第六十五条、第六十六条、第六十七条の二第一項若しくは第二項、第六十八条又は前条の規定による処分に係る聴聞について準用する。

宅建試験で出題された問題

2012年 問題44

宅地建物取引業法の規定に基づく監督処分に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1. 国土交通大臣又は都道府県知事は、宅地建物取引業者に対して必要な指示をしようとするときは、行政手続法に規定する弁明の機会を付与しなければならない。

正解 4

2011年 問題44

宅地建物取引業法の規定に基づく監督処分に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

2. 国土交通大臣又は都道府県知事は、宅地建物取引業者に対し、業務の停止を命じ、又は必要な指示をしようとするときは聴聞を行わなければならない。

正解 3

2009年 問題45

宅地建物取引業法の規定に基づく監督処分に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

2. 甲県知事は、宅地建物取引業者A(甲県知事免許)に対して指示処分をしようとするときは、聴聞を行わなければならず、その期日における審理は、公開により行わなければならない。

正解 4