No.52032の判例

民法一一七条と無権代理人を相続した本人の責任
無権代理人を相続した本人は、無権代理人が民法一一七条により相手方に債務を負担していたときには、無権代理行為について追認を拒絶できる地位にあつたことを理由として、右債務を免れることができない。

日付:1973-07-03

参照民法:113条, 117条

関連する試験問題:2008年問題3の選択肢4, 2008年問題3の選択肢4

リンク:最高裁判例