No.52302の判例

賃料債権に対する抵当権者の物上代位による差押えと当該債権への敷金の充当
敷金が授受された賃貸借契約に係る賃料債権につき抵当権者が物上代位権を行使してこれを差し押さえた場合において,当該賃貸借契約が終了し,目的物が明け渡されたときは,賃料債権は,敷金の充当によりその限度で消滅する。

日付:2002-03-28

参照民法:304条, 372条, 511条, 619条

関連する試験問題:2008年問題10の選択肢4, 2008年問題10の選択肢4, 2008年問題10の選択肢4, 2008年問題10の選択肢4

リンク:最高裁判例