No.53572の判例

一、債務額をこえる催告が有効と認められた事例。
二、当事者が不法占拠もしくは損害金という語を用いてした請求を不当利得返還の請求と解して認容することの適否

一、催告金額が真の債務額金三二五、〇〇〇円を金五〇、〇〇〇円超過していても、特段の事情がないかぎり、右催告は契約解除の前提たる効力を失わない。
二、当事者の陳述中に不法占拠もしくは損害金という語が用いられていても、その求めるところは買主が売買契約後解除までの間所有者として目的物を使用収益した利益の償還にあることが明らかであるときは、その請求を一種の不当利得返還の請求と解して認容することを妨げない。

日付:1959-09-22

参照民法:545条

関連する試験問題:2009年問題8の選択肢2

リンク:最高裁判例