No.56279の判例

不法行為による慰藉料請求権は相続の対象となるか
不法行為による慰藉料請求権は、被害者が生前に請求の意思を表明しなくても、相続の対象となる。

日付:1967-11-01

参照民法:710条, 711条

関連する試験問題:2012年問題9の選択肢2, 2012年問題9の選択肢2

リンク:最高裁判例