No.56284の判例

一、土地貸借人が該地上の建物に設定した抵当権の効力は当該土地の賃借権に及ぶか。
二、地上建物に抵当権を設定した土地賃借人は抵当建物の競落人に対し地主に代位して当該土地の明渡を請求できるか。

一、土地賃借人が該土地上に所有する建物について抵当権を設定した場合には、原則として、右抵当権の効力は当該土地の賃借権に及び、右建物の競落人と賃借人との関係においては、右建物の所有権とともに土地の賃借権も競落人に移転するものと解するのが相当である。
二、前項の場合には、賃借人は、賃貸人において右賃借権の移転を承諾しないときであつても、競落人に対し、土地所有者たる賃貸人に代位して右土地の明渡を請求することはできない。

日付:1965-05-04

参照民法:370条

関連する試験問題:2013年問題5の選択肢2

リンク:最高裁判例