No.57455の判例

債権者代位権による建物明渡請求権の行使方法
建物の賃借人が、賃貸人たる建物所有者に代位して、建物の不法占拠者に対しその明渡を請求する場合には、直接自己に対して明渡をなすべきことを請求することができる。

日付:1954-09-24

参照民法:423条

関連する試験問題:2010年問題7の選択肢3

リンク:最高裁判例