出題設定:指定なし

問題

未ログインで利用すると、偏差値や正答率が記録されません。

対象不動産について第三者が不法に占有している場合、抵当権は、抵当権設定者から抵当権者に対して占有を移転させるものではないので、事情にかかわらず抵当権者が当該占有者に対して妨害排除請求をすることはできない。

正答率:-%, 一般正答率:89%

平成25年度試験、問題5、選択肢3編集
権利関係

×