出題設定:指定なし

問題

未ログインで利用すると、偏差値や正答率が記録されません。

Bは、契約するかどうかの重要な判断要素の1つとして、当該宅地周辺の将来における交通整備の見通し等についてA社に確認した。A社は、将来の交通整備について新聞記事を示しながら、「確定はしていないが、当該宅地から徒歩2分のところにバスが運行するという報道がある」旨を説明した。

正答率:-%, 一般正答率:96%

平成24年度試験、問題32、選択肢4編集
宅建業法

×