出題設定:指定なし

問題

未ログインで利用すると、偏差値や正答率が記録されません。

宅地建物取引業者Aが自ら売主となる売買契約において、宅地建物取引業者でない買主Eとの間で締結した宅地の売買契約において、当該宅地の引渡しを当該売買契約締結の日の1月後とし、当該宅地の瑕疵を担保すべき責任を負う期間について、当該売買契約を締結した日から2年間とする特約を定めることができない

正答率:-%, 一般正答率:75%

平成27年度試験、問題39、選択肢4編集
宅建業法

×