出題設定:指定なし

問題

未ログインで利用すると、偏差値や正答率が記録されません。

宅地建物取引業者Aと宅地建物取引業保証協会の社員である宅地建物取引業者Bにおいて、AとBが、それぞれ主たる事務所の他に3か所の従たる事務所を有している場合、Aは営業保証金として2,500万円の供託を、Bは弁済業務保証金分担金として2,500万円の納付をしなければならない

正答率:-%, 一般正答率:93%

平成27年度試験、問題42、選択肢3編集
宅建業法

×