出題設定:指定なし

問題

未ログインで利用すると、偏差値や正答率が記録されません。

Aが死亡し、Aの妻Bと嫡出でない未成年の子CとDが相続人となった場合に、CとDの親権者である母EがCとDを代理してBとの間で遺産分割協議を行えば、有効である。

正答率:-%, 一般正答率:74%

平成25年度試験、問題2、選択肢4編集
権利関係

×