出題設定:指定なし

問題

未ログインで利用すると、偏差値や正答率が記録されません。

事業のために負担した貸金債務を主たる債務とする保証契約は、保証人になろうとする者が、契約締結の日の前1か月以内に作成された書面で保証債務を履行する意思を表示していなければ無効となる旨

正答率:-%, 一般正答率:48%

平成27年度試験、問題1、選択肢2編集
権利関係

×