出題設定:指定なし

問題

未ログインで利用すると、偏差値や正答率が記録されません。

宅地造成に関する工事の許可を受けた者が、工事施行者を変更する場合には、遅滞なくその旨を都道府県知事に届け出ればよく、改めて許可を受ける必要はない。

正答率:-%, 一般正答率:67%

平成27年度試験、問題19、選択肢3編集
法令上の制限

×