出題設定:指定なし

問題

未ログインで利用すると、偏差値や正答率が記録されません。

AB間の金銭消費貸借契約において、借主Bは当該契約に基づく金銭の返済をCからBに支払われる売掛代金で予定していたが、その入金がなかった(Bの責めに帰すべき事由はない。)ため、返済期限が経過してしまった場合、Bは債務不履行に陥り、Aに対して遅延損害金の支払義務を負う。

正答率:-%, 一般正答率:89%

平成24年度試験、問題8、選択肢4編集
権利関係

×