宅建合格への心構え

合格率は15%前後と、難しい宅地建物取引主任者(宅建)ですが、実は65%の正解率が例年の合格ラインになっています。

全て4択問題で決して無謀な合格ラインにも関わらず、多くの人が不合格になる理由は分かりにくい専門用語と法律や判例の深い理解を求められることにあります。

最短とは

限られた時間で合格するためには、誰もが最短距離で勉強したくなります。

しかし、どれだけ予想をしても出題される問題が分からない以上、予想問題だけを勉強することはバクチにしかなりません。

予想問題や模試で勉強した範囲が「出なかったから落ちた」と後悔するくらいなら、出題される範囲をきちんと理解して、どんな問題にも対応できる準備を整えておくことが大切です。

宅建トレインでは、出題される問題の予想よりも、どれだけ深く宅地建物取引業の仕組みを理解できるかを重視して、問題や解説の作成を行っています。

一見、遠回りに見えるかもしれませんが、どんなトリッキーな問題が出ても動じない対応力を身に付けて、必ず宅建に合格しましょう。