民法第6条

一種又は数種の営業を許された未成年者は、その営業に関しては、成年者と同一の行為能力を有する。

  1. 前項の場合において、未成年者がその営業に堪えることができない事由があるときは、その法定代理人は、第四編(親族)の規定に従い、その許可を取り消し、又はこれを制限することができる。

宅建試験で出題された問題

2013年 問題2

未成年者に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。

2. 営業を許可された未成年者が、その営業のための商品を仕入れる売買契約を有効に締結するには、父母双方がいる場合、父母のどちらか一方の同意が必要である。

正解 4