出題設定:指定なし

問題

未ログインで利用すると、偏差値や正答率が記録されません。

AがBとの間で、CのBに対する債務を担保するためにA所有の甲土地に抵当権を設定する場合と根抵当権を設定する場合において、抵当権の場合には、BはCに対する他の債権者の利益のために抵当権の順位を譲渡することができ、元本の確定前の根抵当権の場合にも、Bは根抵当権の順位を譲渡することができる。

正答率:-%, 一般正答率:69%

平成26年度試験、問題4、選択肢4編集
権利関係

×